本ページはシリウスボールのご紹介と、お申込みを頂けるようになっております。
当サイトの文章を利用した資料作りや販売ページの作成はご遠慮願います。
みろくサウンドでは櫻井氏の製作品を、商品としてではなく作品という視点でご紹介しております。
ソマチッド ガストン ネサン DNA 古代原始微生物
原子転換 +電荷 −電荷 ソマチッドサイクル
テラヘルツ 健康 Sirius 月の光 生命光線 若返り 新月 治癒力
月光石 分子生物学 進化 誕生 内臓 黒体放射 細胞光線

シリウスボール 櫻井喜美夫

TERAHERTZ POWER
KIMIO-LIGHT & SOMATID

シリウス ボール


製作:櫻井喜美夫氏
シリウスボール
(オーロラシステムを使用した電気にて写真撮影しております。)
印刷されている文字「TERAHERTZ POWER / KIMIO・LIGHT」

シリウスボール

シリウスボール

シリウスボール

シリウスボール

シリウスボール

シリウスボール 櫻井喜美夫

「シリウスボール」 直径約35mm球状 入り数2個(木箱入り)

櫻井喜美夫氏渾身の力作!!

汎用スピリチュアル製品最高傑作!!

人智を超えた天然素材!!意識を開くテラヘルツの叡智

テラヘルツ鉱石・月光石キミオライト、世界品質の天然テラヘルツ放射を日常に活用!!

安心な天然素材から作製された握りやすい体感サイズ。

科学の先端を行くテラヘルツの本当の魅力を身近に体感!!

〜 スピリチュアリスト必携の超高波動作品 〜

シリウスボールの万能、多才な能力を引き出すのは貴方の工夫次第です。

先ず手に持って感じてください。

そして、シリウスボールの超絶な世界、かつて経験したことの無いであろう、貴方との超高波動の調和を楽しんでください。


シリウスボール 櫻井喜美夫

テラヘルツ鉱石月光石キミオライトの力

『 シリウスボール 』

生物に優しいテラヘルツ鉱石・月光石キミオライト作品。

安心な天然鉱石から作製されたキミオライトセラミックボール

科学の先端を行くテラヘルツ波の力を身近に活用出来ます!!

現代科学を飛び越えた魅力満載の不思議な作品。

手頃なサイズで、日常的に携えて人生が豊かに過ごせます。

極め付きの波動の高さはスピリチュアリスト必携のアイテムと言えます。


シリウスボール


生物に優しいテラヘルツ鉱石・月光石キミオライト作品。
テラヘルツの持つ波長特性は、水のクラスター化、三次元にとらわれない意識状態への道標、瞑想、リラクゼーション、心身の活性化、等々、次元をまたいだ多くの要素に影響を持つ事が、テラヘルツ製品を日頃から愛用する人々の間で認識されています。

然し、テラヘルツの多才な魅力を御存知でない方もまだまだ多いようです。「シリウスボール」は“テラヘルツの持つ多才な特性を、日常生活の中で愛用することの利点と体感効果を、多くの方々に楽しんで体験して頂きたい”という意図で製作されております。


シリウスボール

現代科学を飛び越えた魅力満載の不思議な作品。

貴方の知恵と工夫が活きる

日常生活の中で活用することで、多大な効果を発揮するテラヘルツ製品は、使う人の創意工夫がもっとも活きる場面です。

心身の波動を高めて気持ちがアップ!!

瞑想の際に・・・

寛ぎの時間に・・・

オフィスで・・・

雑踏の中で・・・

集中力が必要な時に・・・

身体が重く感じる時に・・・

シリウスボールの価値の全ては貴方の手の中にあります。

貴方の知恵と創造力とシリウスボールの相互作用が生活を豊かにします。

先ず、手に握ってお試しください。

最も簡単な使用方法は両手に持ってシリウスボールと繋がる事、それだけです。

シリウスボール

物質次元と高次元をまたぐ波長を持つテラヘルツ波。

先端科学が解明中の不思議な力を日常活用しませんか。
シリウスボールは人口的なテラヘルツ波ではなく、天然鉱物の素材の特性を十二分に引き出して作られたナチュラルな特性のテラヘルツ波を放射しますので、全くストレスが有りません。
しかも非常に、世界一高いテラヘルツ放射量を誇ります。
(参考までに、玄武岩のテラヘルツ波は400μw/m2、水晶は33μW/m2、月光石キミオライトのテラヘルツ波は最高で600W/m2、(μ)が有りませんが間違いではありません。)
シリウスボールは他の追随が不可能な世界最高峰のクォリティーを持つ「テラヘルツ鉱石月光石キミオライト」を使用した作品です。

人と生物に優しいテラヘルツを発生する『シリウスボール』は、手に握れる体感サイズ!!木箱に2個入りです。


シリウスボール 櫻井喜美夫


生物に優しいテラヘルツ鉱石・月光石キミオライト作品。

テラヘルツは1兆ヘルツ近傍〜100兆ヘルツ近辺までの電波と可視光線の間の波長を指します。先端科学でも研究中の、様々な隠された要素を持つ兆の単位の周波数帯域を表す呼び名です。

テラヘルツ自体は一般社会にも多少応用が進んで来ていますが、その中でも手にする機会の非常に少ない、究極のテラヘルツを放射する天然鉱石が「テラヘルツ鉱石・月光石キミオライト」です。

櫻井喜美夫氏は人に優しいテラヘルツ波を長年研究開発し、様々な作品を世に送り出しています。自ら開発した月光石キミオライトの魅力を更に深く磨き上げ、丹精込めて作り込まれました。
天然テラヘルツ鉱石月光石キミオライトを使った、櫻井氏の不思議な作品の魅力を十二分に活かした作品が「シリウスボール」です。

シリウスボールは人口的に作られた既製品を遙かに凌駕する非常に高い波長と波動を持ちます。それでいて人の暖かみに柔らかくそして的確に調和する事が得意です。そして感性の深くまで浸透する優しいテラヘルツを放射する多才なキミオライトの魅力を達人の技で更に大きく膨らまし、それを手に握れるサイズに凝縮した多機能な作品に仕上がっています。
科学的測定の範疇には入らない要素ですが、非常に重要な事をお知らせします。一口にテラヘルツ製品と言っても、人間と生物に与えるトータルな影響の「質」を極めるテラヘルツ製品は「テラヘルツ鉱石・月光石キミオライト」を措いて他にはありません。

シリウスボール

テラヘルツ鉱石・月光石キミオライトは非常に高いテラヘルツ放射量を持ちます。 参考までに、玄武岩のテラヘルツ波放射量は400μw/m2、水晶のテラヘルツ放射量は33μW/m2、対して、月光石キミオライトのテラヘルツ波放射量は最高600W/m2、(μ)が有りません!が、間違いではありません。(キミオライトに更にテラヘルツ波の特殊加工を施しています。)

これ程のテラヘルツ波の放射量のある月光石キミオライトの力を利用すれば、様々な使用方法で明らかな違いを感じる事が出来ますし、テラヘルツの本当の力を体験を通して理解することも容易に出来ると思います。

人口的なテラヘルツ波は尖った波長特性を持ちます。一方、天然鉱石等自然の素材を十二分に活かす方法で製作されているシリウスボールは、LED光源の波長分布の対極に位置する太陽光の様にナチュラルな幅のある波長特性を持っています。その為に優しい波動になっており、貴方にストレスを与える事が有りません。そして人々に有意な特性を幅広く持つ為、豊かなテラヘルツ波の魅力を解り易く伝えて体感させてくれます。

「シリウスボール」は他の追随が不可能な世界最高峰のクォリティーを持つ事をお伝えできましたでしょうか。「シリウスボール」は「テラヘルツ鉱石・月光石キミオライト」の魅力を充分に体感して頂くことが出来る“深い”作品に仕上がっております。
見た目はシンプルですが、シリウスボールに詰まっている達人の技に驚かれる方がたくさんいらっしゃいます。

地球のダイナミックなエネルギーが凝縮された鉱石と自然のテラヘルツの波長を見事に融合して製作される「テラヘルツ鉱石・月光石キミオライト」の名前は、開発者の櫻井喜美夫氏の名前にちなんで命名されています。


自然界におけるテラヘルツは、月と地球の共鳴によって地上の“命の繁栄”が促されていると言われています。 古代微生物は、地上で連綿と続く生命のサイクルを担う重要な要素を繋ぐ存在です。
生命存続の根幹にかかわる要素の着眼点をシリウスボールに凝縮した櫻井氏の意図の妙味を是非考察されてみてください。

シリウスボールは、両手に握って体感できる大きさが特徴です。
木箱に2個入りです。




シリウスボール 櫻井喜美夫

原始古代微生物 ソマチッド
ソマチッドは、人の血液、動物の血液、植物の樹液中にもれなく存在する微生物として知られています。血液を顕微鏡で見ると赤血球、白血球等の間に小さな点として動めいているのがソマチッドだそうです。
正式な医学ではその存在は認められていませんが、フランスのガストン ネサンという医師の研究と実践によりソマチッドの持つ究極とも言える生体への影響力が明らかにされてきました。 黒いウサギの血液中のソマチッドを白いウサギに注射すると一定期間後には白いウサギの毛が灰色になってしまったというのは、ソマチッドに関わる人々の間では有名な話です。
便宜上、微生物という表現をとっておりますが、原子転換が出来るので生物では無いという理論も有ることは付け加える必要が有るでしょう。
ソマチッドをWEBで調べ出すと様々な記載が現れますが、その根源的機能に付いての肯定的な表現と驚嘆の意見、そしてまだまだ解明されていないことが沢山あることが判ります。
今後の本当の医療を始め様々な生物科学研究の根幹を支えるであろうソマチッドですが、身近にソマチッドの魅力を感じて頂くことが出来る「シリウス ボール」をご紹介いたします。
ソマチッド


ソマチッドサイクル
ソマチッドは健常な人の体内では「ソマチッド→胞子→二重胞子→ソマチッド」のサイクルを繰り返して増殖を繰り返していますが、免疫力に異常が出てくると、バクテリア状、細菌状の形態を経る16の形態変化を伴う別個のサイクルを繰り返すようになります。
ウィキぺディアには癌患者の血液中にはソマチッドが存在しないとの記載も有るように、状態がより芳しくない時には、赤血球、血小板に入り込む、又は体外へ出て行く、自ら殻を作って閉じ籠るなどの知性を持ち、殻に入ると何百年〜何千万年もの間でも活性化せずに休眠状態で生き長らえているという不思議な性質を持っています。現に、オルドビス紀と云われる地層から古代のソマチッドが発見されています。古代微生物といえばその様な強靭な強さを持っていると思われますが、その耐久性も耐高温、耐高圧、耐酸性、耐放射線等、常識的に可能な方法では破壊する事が出来ないと言う程の強靭な特性を持っています。
耐高温性について特筆すべきは、人体の死後火葬の後にもソマチッドは生き続けるということです。人の亡骸の灰の中にも生き続けることで、その人の存在した証しとしてのエネルギーを保持している可能性を示唆するものかもしれません。
これ程の強さを持つ秘密は、古代微生物と言うだけではなく、生物の発生や進化の礎となる根源生物としての役割があるのではないかと研究者の間で言われています。


DNAの前駆物質
ソマチッドを研究している科学者の中には、ソマチッドはDNAの前駆物質であると言う理解を表明している方がおります。
トレファンというホルモンが、細胞分裂を促している物質であることが知られています。生物の細胞分裂を促すトレファンをソマチッドがライフサイクル中に生み出しており、正常なソマチッドサイクルが維持されない環境になると、その分泌が減る為、肉体の異常を正常化する働きが鈍って行くというのです。
素人的に考えても、細胞分裂を促すということは、実質的にはDNAの複製を促すということであり、その生命の根幹の働き(細胞分裂)を司るホルモンを分泌する事ができるということは、遺伝情報の伝達に欠かせない役割をソマチッドが担っている、極めて重大な存在であると容易に考えが及びます。
また、閉鎖された試験管中の生肉にソマチッドを注入すると、その肉片が腐敗せずに生きた肉の状態を維持するだけでなく、成長さえするという実験結果も報告されています。
資料
この説のように、ソマチッドの持つ「生物」の「生」たる所以を司ると見える働きに対して、「古代微生物ソマチッドが、生命の働きの要所であるDNAの前駆体である」「DNAの分裂の必須要因である細胞分裂を促進するホルモンを作っている」とする見方は説得力があり、正式な医学界には認められていないが、本当の知識として知れ渡っているという事に、ソマチッドの飛躍的な可能性を感じずにはいられません。

シリウスボールには古代の地層から発掘されたソマチッドを多く含む古代貝化石を使用しております。これは、人類による汚染の影響のない、無垢な時代の記憶を持つソマチッドを使用する為の選択でもあります。
シリウスボールは、持つ人への古代ソマチッドとの共鳴効果を意図し、その共鳴効果による無限なる可能性を見越して制作されております。ソマチッド側から見るとソマチッドの伝達媒体としてテラヘルツの超高周波共鳴振動を利用しております。

テラヘルツ
テラヘルツは1兆ヘルツ〜100兆ヘルツ近辺までの電波と可視光線の間の未解明な部分の多い周波数帯域を表す言葉です。

「キミオライト」はシリウスボールの製作者である櫻井喜美夫氏の発見した、極めて強いテラヘルツを発生する天然の鉱石の名前です。
多くの種類の健康石とされる天然石がテラヘルツを発生させている事がわかっておりますが、これまでに発見された高いテラヘルツ発生を誇る鉱石の1番〜5番目までは櫻井氏の発見によります。
天然に存在するテラヘルツ鉱石と非常に深い縁で結ばれている櫻井氏は、自ら発見した世界一のテラヘルツ発生鉱石にさらにテラヘルツを重ねて照射して、黒体に非常に近い放射率を誇るテラヘルツ加工・天然テラヘルツ発生鉱石を製作いたしました。(テラヘルツ加工・月光石キミオライト)

テラヘルツとは自然界にも遍く発生されている共鳴周波数ですが、最も強いと言われるのは新月の月の光です。新月なので目には見えませんが、月から非常に活性度の高いテラヘルツが照射されています。樹木や草花、動植物の成長の最初の芽吹きのきっかけにテラヘルツが強く寄与しているとされています。
新月の夜のどこか安心感をもたらす落ち着き感などはテラヘルツの意識への作用ではないかと思われます。
日常のテラヘルツの発生源としては、赤ちゃんや幼児を始め若い生命力の塊の様な存在などからは強いテラヘルツが放射されており、近くにいると元気をもらった様に感じたり、精神的にもポジティブな影響を受ける事はその為であると考えられます。
また、植物、動物、有機物、無機物に関わりなく微弱なテラヘルツが様々な物質から放射されています。
人体、生物とテラヘルツの関係は非常に深く、月の放射するテラヘルツが人体に与える影響を推し量る為に、人体の臓器に対して、「肝臓、腎臓、脾臓、胃、腸、膀胱、骨、肺、脳」等、人体のパーツに月偏の付いている漢字の多さは特筆ものです。内臓はほぼ全てに月偏があり月のエネルギーとの密接な関係性が目に見える漢字で現されています。月と臓器の関係の存在を示すのに日本語がこれほどわかり易い表現をしているのも驚きです・・・。
月と生物の関係がこれほど密接であるならば、テラヘルツ波は細胞を育成する「細胞光線」という呼び名も判り易くて良いのではないかと思われます。

キミオライ鉱石の持つテラヘルツは、群を抜く強い放射を持つ事、そしてテラヘルツと強い縁を持つ櫻井氏が発見した厳選された鉱石が放つテラヘルツは、芯のある強さと優しさなど、替え難い特徴を持っています。他の鉱石が及ばない魅力があるのも魅力で、これは、私が幾つかの鉱石を比較して感じてみたところでは、櫻井氏の発見の妙味を感じずにはいられませんでした。

水質改善、空間浄化、電気改質など、物質の性質を丸ごと変えてしまうセラミックマジックを得意とされる櫻井氏の渾身の最新作、「シリウスボール」は、DNA前駆体である古代微生物ソマチッドと、世界最強の天然テラヘルツ発生鉱石キミオライトを櫻井氏の独自の技術で融合させて製作されました。

健康と成長、若返りの共鳴周波数を司るテラヘルツ鉱石キミオライトのエネルギーと、古代微生物ソマチッドの健康な古えの地球のエネルギーを調和させて、セラミックボールに仕上げた作品です。800度の高温で焼き上げますが、テラヘルツ、ソマチッド共に影響は受けていません。ソマチッドは生物でありながら、2000度の温度に耐えるといわれます。

※シリウスボールの用途は様々です。
手に持つ等身に付けている事で大きな効果を心身へ浸透させることが出来ます。
  • 手に持ったり身に付けたりしてテラヘルツの共鳴効果を心身に浸透させて心身の体調管理に役立てます。
  • 日常的に持ち歩いて、テラヘルツで周囲の環境から自分自身を優しく守ります。
  • ご飯を炊く際に炊飯器に一緒に入れて一味グレードアップ。
  • 飲料水にいれて、水の活性化。(水をクラスター化して浸透力のある水に。)
  • お風呂のお湯に。(水をクラスター化してより柔らかなお湯に。)
  • 球体に印刷されているインクはガラスインクの為、炊飯器等で加熱しても熱による影響は受けません。
一番のオススメは、瞑想用に。
  • 先ずはただ手に持って心身の変化に身を任せます。
  • シリウスボールとのチューニングで、快適に自己チューニング。
  • ソマチッドへのチューニングで古代の地球にジャンプ。
  • テラヘルツで増幅したエネルギーと、ソマチッドの共鳴を利用した遠隔ヒーリング媒体として利用。(量子力学的共鳴効果を利用した遠隔ヒーリング送受信。)
その他、ご自分の日常生活に合わせた有効な活用方法を是非編み出してください。

シリウスボール 櫻井喜美夫



シリウスボール